インサイト分析をビジネスの力に

【図解】営業支援ツールの活用方法〜CRM/SFA/MAの関係性

「世界の企業が取り組むDXの95%は失敗に終わっている」

「デジタル・イノベーション・カンファレンス2019」スイスIMDマイケル・ウェイド教授

このような衝撃的な事実があります。
ここだけを見るとネガティブな印象を受けますが、そもそも欧米企業には、計画通りにいかないのがデフォルト。
たとえ失敗に終わっても、その際に得たノウハウや経験は会社の知財として残るため、それを次にどう活かすかということが大切であるという考え方があるようです。

また、こんなデータもあります。

MITの調査によれば、欧米有力企業の経営委員会が業務のデジタル化検討に割く時間は約28%であるのに対して、日本企業が経営会議で業務のデジタル化検討に割く時間は全企業規模平均でたったの5.5%である。

野村総合研究所 2018年「第264回メディアフォーラム 日本企業のデジタル化は進んだか」より

日本がデジタル化に前向きな投資ができていないのは、日本では99.7%が中小企業、85.1%が小規模企業であることや、最初から成果に100点満点を求めてしまうという国民的な気質があることに起因していると言われています。

これがそのまま、国際的に見た労働生産性の低さというネガティブな事実に関連してきていると言えるでしょう。

そのような中でも、新型コロナ流行の影響もあってか、WEBサイトの構築や改善、営業支援システム、顧客管理システムなど、顧客対応・販売支援に関するデジタル化はデジタル化投資全体の約38%を占めているそうです。
(2021年独立行政法人中小企業基盤整備機構のデータより)

そこで今回は、BtoB企業の事例を中心に、顧客の購買プロセスのデータ化や営業のデジタル化についての記事を書きます。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。