インサイト分析をビジネスの力に
営業・顧客戦略をDX化

【パンフレット】セールスマネジメントツール

顧客を深く理解し、一人ひとりの営業が顧客のニーズを深堀りできるようにすることは容易ではありません。
日頃から顧客と接しているその瞬間を綿密に記録し、それを必要な担当者へ簡単にシェアすることができたなら、それは企業の顧客戦略にとって大きな力となることでしょう。

顧客とのつながりを可視化し、顧客が自社を利用する便益を最大化していくことが私たちの考える顧客戦略です。
そこで、私たちは顧客戦略・営業支援ツールを開発しました。

顧客視点の経営戦略ツール

顧客こそが、企業が集中すべき最大のステイクホルダーだと考えております。

日本は品質にはとても緻密な工程管理を実施し、素晴らしい製品を生み出しているのにも関わらず、なぜ、営業に関しては人任せの企業が多いのでしょうか?

私たちは、欧米と日本の大きな生産性の差はそこにあると考えています。

私たちのツールは「貯める」「シェアする」「顧客を知る」の3つをコンセプトに、
「これから顧客管理を始めてみよう」というお客様に使っていただこうと考えて開発された「顧客管理ツール」です。

そのため、入力画面や項目を極力シンプルにしており、キーボードやスマホから入力する項目が少なく、難なく毎日続けられることがポイントです。

社内のコラボレーションを活性化

担当者間・部署間でのコラボレーションを活性化します。

あらゆる履歴を横串で可視化

貯まったコンタクト履歴を見れば、いつ、誰が、どこで、何のために顧客と接点を持ったか、顧客と自社とのこれまでのストーリーが見えてくるようになります。

また、このツールがあれば、ヒアリングした内容を共有し忘れたり、聴き漏れによるミスや後戻りを発生させてしまうようなことを極力避けることができるようになります。

コンタクトごとに写真や書類を残せる

コンタクト履歴にデータをアップロード

以前、社内の誰かが作成した資料を探すのに手間や時間がかかってしまい、ご苦労されたことはありませんか?

様々なシーンで作成したファイルが、ファイルサーバーに保存されていると、その紐付けに余計な手間がかかってしまうことがあります。

このツールでは、コンタクトに使用した書類や議事録などをそのコンタクト履歴の中に添付したり、同様に、その時スマートフォンで撮影した写真を添付することができます。

これでいちいち関連した書類を探す手間が削減できるはずです。

顧客を深く理解する(顧客特性分析機能)

貯めた顧客履歴から、そのお客様の特性を分析することができます。

顧客理解を深める

時間が経過してもお取引内容が詳細に残っていたり、個々のやり取りでは知り得なかった他の担当者のコンタクト履歴が見えることで、自然にそのお客様の特性が可視化されていきます。

自社が大切にすべき顧客はどのような企業・人物で、今後そこに対して
どうすれば、さらにご満足いただけるかをデータ化していくことができます。

また、顧客履歴が残っていることで、部署異動、退職による担当者の引き継ぎもスムーズに行うことができるようになってきます。

さらに、ベテランの社員がどのようなお客様へ、何がきっかけで、どのような手順でどう接しているか、その成功へのプロセスを学習することができます。

攻めの営業戦略に活用する(ToDo機能、要約機能)

これは単に顧客とのやり取りを記録するだけのツールではありません。

攻めの営業戦略

今後、その顧客へ「いつ、何をするか」を記録しておく機能も搭載しています。

単に担当者が備忘録として書いておくこともできますし、マネージャーが後から個々の担当者の行動をチェックし、営業活動を促すことにも活用することができます。

入力項目の大半を選択式にすることができるため、営業担当者の手間を削減しています。これからは日報が続かないとか、報告業務が続かないといった心配も減ることでしょう。

顧客管理をエクセルでやっている企業も多いかと思いますが、これの決定的な弱点は「共有がしにくい」ことや「PCに依存している」ことです。

クラウドサービスであれば、どこにいてもインターネットさえあれば、PCやタブレット、スマートフォンなどのマルチデバイスからすぐに利用することができます。

また、蓄積した履歴を共有するだけでなく、営業進捗報告にアプリ画面をそのまま使用できるため、エクセルで報告書を複数作成するなどの工数を削減することができます。

案件・物件管理に活用する

案件管理機能

案件管理とは、ある営業案件の受注・売上までの営業活動を先行管理することです。

案件型営業やソリューション営業をされている企業において、案件をキーとして進捗管理していくことができます。

この機能があることで、各々の担当者はプロジェクトの成功を効率化でき、マネージャーは組織のマネジメントをスマートに実施することができます。

さらに、案件進行中に使用した書類や議事録、図面、現調時・竣工時に撮影した写真など、その案件に関係した顧客とのコンタクト履歴へ保存しておくことができます。

進行中であればその案件の進捗状況や確度、次に行うべき事柄(ToDo)を案件ごとに迅速に把握することができます。
この機能で本人だけではなく、マネージャーなど管理職の方が営業のマネジメントを行うことができます。

合わせて、クラウドストレージへ物件で使用した書類や議事録・図面などを添付したり、スマートフォンで撮影した写真を添付したりすることが可能ですので、後から「あの物件で使った仕様書はどこに行った?」などのトラブルを回避することができます。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。