インサイト分析をビジネスの力に
業務のデジタル化が進まないのはなぜか?

業務のデジタル化が進まないのはなぜか?〜DX推進における心の壁

日本の人口がどんどん減っていること、これは誰もが何となく感じている課題かと思います。
厚生労働省の試算によると、日本の労働人口は2040年までに1,200万人も減少する可能性があるそうです。

つまり、労働人口は20%近くも減ることになるのです。2017年度の日本の生産年齢人口は6,530万人でした。これが2040年度には5,245万人に減ると見られています。

こういった状況において、業務プロセスをデジタル化するという発想はもはやマストであり、それに伴ってビジネスモデルも変更していかなければならないということが分かります。

変わることは不安との葛藤

人は誰しも、変化することに寛容ではありません。
経営陣も言葉では「新しいことにチャレンジしていこう!」と言うのですが、実際に新しいことを持ちかけると「こんなことは過去にやったことがない(常識と異なる)」とか、「過去にうまくいった試しがない(既に自分が経験している)」など、やらない理由をいくつも挙げてきます。

皮肉なことに、過去に成功体験がある立派な人ほど、こういったネガティブな意見をぶつけてくる。

古い設備を入れ替えたいとき、仕事のプロセスを変えようとしたとき、いずれも人はメンタルな部分を優先的に思考する癖があります。

「あの設備は古いけど○○さんのこだわりがある」とか、「○○部長が気に入っているのでそこのプロセスは変更できない」など、必ずといってもいいほど、フィジカルな問題がメンタルな問題へと変換されてしまうんです。

組織人がされて嫌なこと


組織の中の人が、されて嫌なことをシンプルに3つに分けると大抵はこんな感じです。

  1. 目の前の仕事を邪魔されたくない(余計な責任を課せられるのは損失)
  2. 自分の知恵を貸したくない(自分のリソースを取られるのは損失)
  3. 自部門以外に手を貸している余裕はない(余計なことに手間を取られるのは損失)

シンプルにすると、おおよそ精神的に追い込まれていることが見て取れるかと思います(笑)。
では、人はどうしてこんなにもネガティブに追い込まれてしまうのでしょう?

人はフィジカルなことをぶつけるとメンタルで応えるくせに、メンタルを理解することが苦手です。

だから皆、誰もが理解しやすい表面だけを見ようと考えます。
数字やルールというのは、まさにこれを行うためのツールです。

人のフィジカルな面をルールや目標だけで捌くことで、人に役割とか機能のみを求めるようになってきているのが現状ですよね?

それに対して、人は誰しも、自己中心的であると言えます。
そこに役割や機能だけを求め、数字とルールでがんじがらめにしたら、精神的に孤立するのが自然です。

人を動かす側は効率よく、もれ、ダブリがないようにしたいかもしれませんが、人はコンピュータではありません。

人は誰しも、自己決定しないとモチベーションが上がらないのです。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。