インサイト分析をビジネスの力に

DX推進、戦略人事の効率化〜ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用とは?

昨今、これまでの日本企業の慣習であった職務内容の曖昧な雇用スタイル「メンバーシップ型雇用」に限界が来ていると言われています。

とはいえ、欧米で進んでいる「ジョブ型雇用」が必ずしもそのままで日本の風土に合っているとも言い難いのが事実です。
今回はこの「メンバーシップ型雇用」と「ジョブ型雇用」の比較を行うのと同時に、どのようにしていけばスマートにジョブ型雇用を取り入れていくことができるのかについて、解説していきます。

なぜ、ジョブ型雇用が求められるのか?

ジョブ型とメンバーシップ型の違いとは?

「ジョブ型雇用」とは、先に職務記述書である「ジョブディスクリプション」を設計し、そこにふさわしい人を雇い入れ、当てはめていくというスタイルです。社員にはそれに基づいたスキルや経験が求められ、社歴や労働時間ではなくその職務における成果で評価されます。契約社会型の欧米ではこれが主流となっています。

そのため、採用機会は新規事業の開始やメインメンバーの退職などに伴って発生することになります。

それに対して、日本では「メンバーシップ型雇用」が多く普及しています。まず人を組織のメンバーとして雇い、仕事の内容は後から柔軟に割り当てていくというスタイルです。
企業にはジョブローテーションでスキルアップさせる等のマネジメント能力が求められ、報酬もスキルと業務内容、さらには勤続年数をベースに昇給していくといった仕組みで運用されています。

そして採用機会としては、中途採用以外に定期的な新卒一括採用が行われています。

メンバーシップ型雇用の限界が見えてきた

この数年、新型コロナの流行が元でリモートワークが普及しつつあります。
従来の日本型雇用では、その場の空気を読み、周囲に同調して仕事をするようなコミュニケーションが基盤とされてきました。

メンバーシップ型雇用で育ってきた管理職の価値観では「言わなくてもわかる」ということが前提です。
それ故、個々の明確な成果よりは、全員賛成のためのプロセスづくりを大切にする合意主義、序列を重視する階層主義などが当たり前でした。

しかし、リモートワークの環境下では、こういった価値観はむしろ足かせになってしまいます。

リモートはニュアンスが伝わらない

画面や電話を通じたコミュニケーションでは空気が読みにくく、曖昧なニュアンスは伝わりません。
さらに、序列意識は各々とフラットに繋がる世界観とは相容れません。

また、さらに空気感を読み取るためのちょっとした雑談や相談の機会も激減しています。管理職はその場で顔が見えない部下の勤務態度や仕事を把握し、マネジメントするという大きな壁にぶち当たっています。

このようにメンバーシップ型が持つ、環境変化への不適合の問題は以前から何となく見えていました。
それが最近の急速なリモートワーク体制への移行によって一気に明るみに出たと言えます。

ジョブ型雇用が注目されてきた背景

2018年10月に日本経済団体連合会の中西宏明会長は「1つの会社でキャリアを積んでいく日本型の雇用を見直すべき」と提言されました。

日本は主要先進国(G7)中最下位

まず、日本は諸外国に比べて労働生産性が低いといわれています。
日本生産性本部によると、2020年における日本の労働生産性(時間あたり)は49.5ドルと、主要先進国(G7)中最下位でした。

さらに、OECD(経済協力開発機構)加盟国中の順位においても38カ国中23位と過去最低を記録しています。

このような状況から抜け出し、競争率を高めるためには社員が専門性を高めることのできるジョブ型雇用へと舵を切ることが重要だとされています。

さらに、企業のグローバル化やデジタルトランスフォーメーションを推進するうえでは、IT系人材の不足が課題となっています。

この課題においては、「参考:IT人材白書2020」にその答えがあります。
それによると、従業員が1000人以上の規模の企業がIT人材を確保した方法は、「中途採用」58.2%、「特定技術を持った企業、IT技術者と契約」7%だったそうです。

つまり、この結果から、IT人材の確保にはジョブ型雇用が効果的であるということが言えるのです。

特に優秀なIT人材の確保には多様な人材の獲得が重要です。
ジョブ型雇用は、国籍や性別などの違いを問わず、多様な人材を受け入れる企業の体制や取り組みである「ダイバーシティの推進」にも有利に働きます。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。