インサイト分析をビジネスの力に

購買行動がデータ化される時代〜データ活用のトレンド

ネットが消費者のツールとなっていった90年代後半から、企業は様々な考え方でネットの顧客を自社の戦略へどう取り込んでいくかに振り回されてきたといえます。

最初はクリック&モルタルから始まった

僕がネットビジネスに取り組み始めたのは、1997〜1998年の頃でした。
その頃地域の家電専門店を運営していた僕は、まず自店のホームページを開設するところから始まり、メルマガの発行、ソニーのサイバーコードというのを使って、新聞折込チラシと連動したネットクーポンを発行したのもこの頃でした。メルマガの印刷とチラシを持ってきたら、自店のポイントを倍付けするなんてこともやっておりました。

そして、2000年からはソニーの「e-SonyShop」というプロジェクトに取り組み、地域の家電店に来店するお客様がリアルとネットをスムーズに行き来できるようにするというテーマに取り組みました。

この頃提唱されていた考え方が「クリック&モルタル」でした。
インターネット上のオンライン店舗(クリック)と現実に存在する店舗・物流システム(モルタル)を組み合わせ、相乗効果を図るビジネス手法のことです。

2000年前半には楽天へも出展しており、ガラケーのサイトからご注文いただいた100インチクラスのリアプロを店頭へ引き取りに来ていただくといったことも度々ありました。あの頃は5万人を超えるメルマガ会員に面白いように販促施策が訴求できたことを記憶しています。

O2OからOMOへ

さて、昔話はこのくらいにしておくとして、その後この手法は「O2O(Online to Offline)」と名前を変えてマーケティング概念として定着してきました。

O2OからOMOへ

しかし、この「クリック&モルタル」や「O2O」というのは、ネットとリアルを分けて考える手法でした。それぞれを2つに分けて考えることにより、ネット上から店舗へとお客様に購入の行動を移してもらえるようにするといった手法だったからです。

これらの手法の特徴は、シンプルに言えばサイトで発行されたクーポンを店頭へ持ってきた回数をカウントするだけなので、特にITスキルは求められませんでした。

発展した手法に「オムニチャネル」というのがありますが、こちらはお客様を実店舗へ誘導するのではなく、店舗でもネットでもどちらで購入していただいても同じプロフィットを得られ、同レベルのサービスを提供できる仕組みを作ることでした。

そして、顧客行動をネットとリアルで分断せず、リアルの行動も同じくデータ化し、ユーザーがサービスや商品に触れることで得られる体験や経験を主軸として顧客体験価値を高めていく手法を「OMO(Online Merges with Offline)」といいます。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。