インサイト分析をビジネスの力に

選択のインサイト〜効率を上げる選択の科学

僕たちの住む日本には豊富に物やサービスがあり、店頭はもちろんのこと、インターネットやSNSにも多くの選択肢が陳列されています。僕たちは日常的にその無限の選択肢の中から、苦労しながら“選択”を重ねています。

1日に選択する事柄は意外に多い

普段、皆さんは1日にいくつの選択をしているかご存知ですか?

典型的なサラリーマンが1日に選択する数は平均約70回
CEOがこなす1週間の職務は約139個あり、
そのうち50%の職務について、
9分以内に意思決定されていることが分かりました。

米コロンビア大学調査結果より

1日にこんなに多くの選択をしている方々へ、こちらが何のサプライズも無い平凡な選択肢を提示することが、いかに非効果的かということが理解できます。

選択肢は多ければいいのか?

スーパーの商品棚はSKUの宝庫

たとえば、ご近所のスーパーマーケット。皆さんはどのくらいの商品数が並べられているかご存知ですか?
なんと、平均的な大型スーパーでは、約12,000~15,000SKUの商品を陳列しているといわれています。

  • SKU(Stock Keeping Unit)
    商品管理上これ以上細かく区別のできない最小の商品の単位
  • 米コロンビア大学調査結果より

あらかじめターゲットとしている商品はあるにしても、こんなに多くのアイテムの中から毎日食卓のおかずを選んでいる主婦の方には頭が下がりますね。


ここでひとつクイズを出題させてください。
スーパーマーケットの売り場で、以下の2つの方法で新発売のヨーグルトの試食を行いました。

ヨーグルトの試食
  1. 6種類の試食ヨーグルトを用意
  2. 24種類の試食ヨーグルトを用意

A:より多くのお客様に試食していただけたのはどちらでしょうか?
B:より多くのお客様にお買い求めいただけたのはどちらでしょうか?

Aの答えは、①の方が40%の試食率、②の方が60%の試食率でした。それに対し、Bの答えは①が6名お買い上げだったのに対して、②はたったの1名でした。なんと、購入結果としては実に6倍もの差がついたのです。

つまり、試食をさせることが目的なら、選択肢の多いほうが結果が望ましく、実際に買っていただくことが目的なら、選択肢が少ない方が有利であったという結果でした。

このことから分かったことは、人々は選択肢が多すぎると選択をあきらめてしまうということです。
また、極めて重要な決断をする場面でもこれと同様に、選択することを諦めてしまうケースが多々あるということが分かっています。

つまりこれらは、情報収集が必ずしも選択後の満足度アップには繋がらないということを示しています。
コンビニエンスストアや小型スーパーで商品の選択肢がせいぜい2〜3種類しかないのは、大変合理的に購入意欲を掻き立てているのだということが理解できます。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。