インサイト分析をビジネスの力に

【図解】サービスマーケティングの考え方〜7Pのフレームワークを解説

1970年代ぐらいから産業のサービス化が進み、もはや現代の市場は有形性の製品を求める時代から、無形性の製品を求める時代へ変わってきていると言えます。

特に日本では GDP の約7割がサービス業から生み出されていると言われており、国内の総従業員数の8割近くはサービス業に従事しています。

また、サービス業において労働の担い手の大半が非正規社員であるという事実もあり、日本は生産性が低いと言われている原因の一つはこのサービス産業の多さにあるとも言われています。

別の面から見れば、このサービス産業の生産性向上を進めていくことが日本経済の成長に繋がるとも言えます。

生産性の向上には様々な見方がありますが、今回はこのサービス産業のアウトプットをマーケティングの フレームワーク でブラッシュアップしていくといった視点で記事を書いていきます。

マーケティング戦略の基本的な流れ

まずはマーケティングのおおまかな流れについて見ていきます。

マーケティングを実施するうえで重要なことは、まず自社の市場機会を特定し、それをどのようなセグメントの誰に、どのような価値として提供していくかという「STP」戦略を考えることです。

STPとは、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の頭文字を取ったものです。

このSTP策定をさらに細かなプロセスに細分していくことで、顧客視点の戦略をさらに深く考えていくことができます。それについてはこちらの記事をご覧ください。

そしてそれに準じたどんなサービスを構築していくかを考える実行戦略が「マーケティングミックス」です。

基本的なマーケティングミックスは
「Product」「Price」「Promotion」「Place」
4P から考えていきます。

今回はこの「マーケティングミックス」の部分について深堀りしていきます。

基本的なマーケティングプロセス
STPと4Pの整合性

具体的に言うと、マーケティングミックスとは縦軸で設定したSTP戦略を具現化し、実行段階へ移していくために行われます。

STPで定まったターゲットに対して、どのような製品(Product)をどのような価格(Price)で、どのような手法で伝達(Promotion)し、どのような手法(Place)で届けるか策定していきます。

とてもシンプルな手法に見えるのですが、実際にやってみると奥が深く、まずどういう基準で製品(Product)を考えていくかで躓いてしまうことが多いのです。

そこで、せっかく前段のSTP戦略でターゲットの便益を深く知ったわけですから、ここで一旦顧客視点に立ってみることにしましょう。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。