インサイト分析をビジネスの力に

ブランディングが必要な理由〜企業の持続化のために

「ブランディング」という言葉を聞くと、有名な大手企業やグローバル企業などがすぐ思い浮かぶと思います。そのため、「自分たちの会社には必要ないのではないか?」と考えるビジネスマンも多いのですが、「ブランディング」という言葉に惑わされてはいけません。

あなたの身近にいる同僚

たとえば、あなたの身近にいる同僚の方を思い浮かべてみてください。

身近な同僚のイメージ
  1. 自分の営業先へ同行してもらうなら、誰がいいと思いますか?
  2. 次の営業先へ持っていくプレゼンの作成を手伝ってもらうなら、誰がいいと思いますか?
  3. 週末のデートで相方を連れて行く飲食店を聞くなら、誰に聞きますか?

恐らく、どの項目でも何となく思い浮かぶ同僚がいるのではないでしょうか。実はこれがまさしくブランディングなのです。

たとえば、「マクドナルド」のあの看板を見れば、誰もが手軽にそして迅速に食べられるハンバーガーを思い浮かべると思います。街角で「7」という文字を見れば、誰もがコンビニのセブンイレブンを思い浮かべることでしょう。
身近な取引先や同僚、友人に対しても、誰もが無意識に何らかのイメージや価値を持っているものなのです。

このように、ターゲットとしている顧客が共通に「これを頼むなら、あの会社だ」と思い浮かぶようにすることが「ブランディング」なのです。

ブランドイメージによる効果

ブランドイメージをコントロールすることによって、ビジネスには次のような効果が期待できます。

  • 競合他社との差別化
  • ユーザーからの愛着・信頼感
  • 広告宣伝費の削減
  • 市場価格の維持

また、ユーザーはブランドに対して、主に次のような期待を持つことになります。

  • 他人からどう思われたいかをブランドに託す
  • 自分の価値観とコストの対比(費用対効果)を高く評価
  • 購入後リスクの低減(ブランドへの安心感)

つまり、ブランディングがうまく行けば、顧客が自ら自社製品・サービスを買ってくれるようになります。
マーケティングは顧客に買ってもらう仕組みを作ることなので、僕はブランディングはマーケティングを実施した後の結果のひとつだと考えています。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。