インサイト分析をビジネスの力に
概念と意識の違いとは〜概念に振り回されないために

概念と意識の違いとは〜概念に振り回されないために

人は誰しも、一定の概念の中に生きています。
概念とは「〜とはこういうものである」、「〜がこうなのは当たり前だ」というようなことです。

なぜみんなは”異なるもの”に興味がないのか

僕は中学生の頃に方程式が解けなくて辛い思いをしました。
それはとても単純なことで、「x=1+2」と書いてあれば、x=3であるということを納得できなかったからです。
僕の目線からすれば「x=3」なのであれば、世の中にはxのみが存在していればよくて、3は無くてもいいんじゃないかと考えたからです。

先生からは「こいつバカなんじゃないか」と思われたようでしたが、僕は「なぜ、英語と数字が同じなんですか?」と素直に尋ねました。僕が個性的であることは今始まったことではありません。

つまり、僕は1+2を足したものが3であることが理解できなかったわけではなく、xは3と等しいということが理解できなかったわけです。人はこれを屁理屈というのかもしれません。

こんな風にいちいち考えるような人は、数学の成績など最下位であったわけですが、その後数字を財務諸表に置き換えた簿記については、日商簿記1級を取得することができました。これは無機質な数字よりも、経済活動に興味があったからです。

ここでものすごく疑問に思ったのが、「なぜ、みんなは”異なるもの”に興味がないのか」でした。
このときに先生に言われた言葉が、「それはそういうものだからだ」でした。
ある意味、僕はその答えから「これは感覚の違いなんだ」ということを理解し、納得することができたのです。

つまり、僕はx=3を自分の中の基準を主体とした理屈で理解しようとしており、みんなはそれを感覚で理解しようとしているという違いを理解したわけです。

先生や学校からすれば、そんな風に輪を乱す個性的な人物はとても嫌だったと思います。非効率的ですからね。
案の定、そこで引っかかってしまった僕は、世の中から置いていかれ、今に至るわけです。

文字と数字がイコールだなんて、そんな適当な基準が成り立つのなら、世の中は何も考えずに生きるほうが楽だし、何でもありだなと思ったことを覚えています。

概念に振り回されている世の中

たとえば、松屋の牛丼と吉野家の牛丼がイコールなら、世の中にはどちらか一方があればいいわけです。

しかし、実際には、いずれか片方を好む方やその時の気分によってお店を選ぶ方が存在します。
もし、サンマが嫌いな方がいたとして、マグロは食べられるのだからどちらも同じ魚なんだし平気でしょ?という理屈は成り立たないわけです。

しかし、世界はどちらかというとx=3の方向性なんですよね。
僕たちが使っているコンピュータは0と1というたった2つの概念で違いを表現しているわけで、そんなものが人間と似ていて、いつかは人間と入れ替わってしまうと言っている思想もあるわけです。
量子コンピュータの概念ならもっと人間に近づけるのかもしれませんが、それ故に実現したところでどうやって活用したらいいのか迷ってしまっているのが現状です。

世界からはみ出している僕は、世界から量子コンピュータみたいに見られているのかもしれませんね。

僕のことはどうでもいいとして、実際に人の心理とはそんな簡単なものではなく、もっとコンニャクみたいにふにゃふにゃで、環境や他人と混ざり合って、もっと細かに適応できる能力を秘めているわけです。

ですから、別にコンピュータが人間に合わせてるわけじゃなくて、人間がコンピュータに合わせているというのが真実ではないかと思います。

それなのに世界には、一定の概念に振り回されている事柄がとても多いと感じます。
つまり、人はすべての似通った物事をイコールにしてしまう生き物なんです。自然界には本当は同じものなんて、ひとつもありえないのに。

他人を同じにしているのは自分の概念

人は自分も含め、すぐに概念にとらわれ、そして変わるチャンスを逃してしまいます。
これまで自分がやってきたやり方を概念として、その殻から出ようとしない人。
ビジネスのフォーマルな概念にとらわれて、インフォーマルな格好の方を近寄りがたいと考えてしまう方。ただしいずれも、相手の社会的地位が高いことによって、好意的に受け入れてしまう傾向があります。

このように、他人をあるセグメントにはめ込み、それを同じ先入観で同じような評価をしてしまうのは、自分の概念であると言うことができます。
あるショッピングサイトで、同じ商品を買った人の理由は皆同じでしょうか?
あるアパレル店舗で、同じ形の同じ柄の服を買った人の理由は皆同じでしょうか?

消費者の心理は物を購入した時点、つまりインプットした時点では測り知ることは非常に難しい状況です。

それを実際に使ってみて、つまりアウトプットしてみて、その後の行動や感じたことにこそ、心理が隠れているのだと思います。

ですから、その消費者の口コミやどう使ったのかに共感が集まるわけで、つまり人は自然と概念ではなく、心理を求めて行動しているのです。
つまり、マーケティングとは、消費者のアウトプットを読み解くことを求められているのではないかと思うのです。

SNSのために動く心理

話は代わって、僕はSNSの”いいね”ボタンの承認欲求がとても面白いと考えています。なぜあんなことのために、人は必死になってお金を使い、体力を使い行動を起こすのでしょうか。

中には金銭的なメリットがあるものも存在しますが、基本的には”いいね”をたくさん取得したからといって、金銭的なメリットは生まれません。

他人が”いいね”を押してくれるのは、あなたを認めているからでしょうか?

夢中になっている人々は皆、相手が”いいね”を押してくれるのは自分を認めてくれているからだという概念に縛られていると思います。

しかし、相手の心理は様々です。
たくさんの人に”いいね”をすれば、自分をフォローしてくれるという返報性の心理を信じる人や、自分が何に対して”いいね”をしたかをフォロワーに見られたとき、センスの良さを感じて欲しいと考える人もいるのです。

人は自分に便益がなければ、わざわざ他人のために動いたりしません。
その便益に、お気に入りの投稿を見たり読んだりすることで、楽しんだり、感動したりできるからという相手を見つけることが、真に目指すべき”いいね”かもしれません。これもあくまでも人それぞれの価値観といえます。

概念に振り回されないマーケティングとは

とてもシンプルに表現するとすれば、それはちゃんと考えることです。
概念に振り回されるとは、頭で考えていないということが原因ではないかと思います。

「〜とはこういうものである」、「〜がこうなのは当たり前だ」といった概念を捨て、人の心理にもっと深くいくことです。

そのためには様々な声に耳を傾けることが大切ですし、最初から”異なる”ということを認知してかかることも大切です。

マーケターは現場と密接な関係性を築くことが大切ですし、すべてを自分の頭で考えるのではなく、自ら動いてみることをお勧めします。

ぜひ、お客様と直に触れ合える現場をよく体感され、そのうえで優れたデータ分析ができるマーケターがたくさん育ち、お互いに切磋琢磨できたらいいなと思っています。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。何のキャラなのかは写真からご想像いただければと...
一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
マーケのプロとして、ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします

▼アシマの中の人の略歴

  • ソニーグループにて、直営店舗の運営、ウェブマーケティングによるD2C推進の統括を経験。また、ナレッジマネジメントの推進や福利厚生サービスのWeb化を推進。
  • 家電量販店店長を経験し、その後店舗開発の出店営業支援、VMDの企画制作を歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリング及び、リモートメンテナンスシステムを開発。その後、メディカル組織のマネージメントを経験。
  • 現在はアクアマイクロ株式会社にて、マーケティングディレクター及び、デジタルマーケティングコンサルタントを担当しております。