インサイト分析をビジネスの力に

【図解】集客・接客に役立つレイアウトデザインのルール

皆さんはお店のPOPやチラシ、プレゼンに使う資料など、どのような基準で作成されていますか?
今回はプレゼンテーションからチラシ作り、店頭のPOP作りまで、様々な制作に役立つデザインのあれこれについて記事を書かせていただきます。

デザインにはルールがある

僕は昔から店頭POPや新聞折込チラシ、ショーウインドウの飾り付けに至るまで、自信を持って感覚的に美しいと感じる作り方をしてきたつもりでした。
しかしある日、デザインの基礎を学ぶ機会に恵まれたことで、自分の誤ったデザイン感覚に気が付き、さらには制作をスタートするまでのアイドリング時間みたいなものを、劇的に短くすることに成功しました。

別にアーティストを目指しているわけじゃないし、デザインの感覚なんて人それぞれだと思っている方も多いかと思います。でも、ほんの少しの概念を身につけるだけでも、様々な分野で気付きが得られるはずです。

ルール①誰に何を伝えたいの?

まず、抑えるべき点は、「誰に何を伝えるか」です。 そのために必要なことは“伝えるべき相手を正しく知ること”いわゆる、想像力が必要です。

次の例は旅行会社が企画する”カメラを持って旅をしよう”というツアーの広告です。
目的は写真好きのお客様を集めて、インスタに美しい写真を投稿していただくことで認知を広げたいというものです。できれば、一眼レフカメラを所有するような趣味のお客様を募りたいと思っています。
あなたはどちらの広告が主題に合っていると思われますか?

誰に何を伝えたいかでデザインは大きく変化する

②の広告の方が、よりツアーに期待が持てると思います。右上にはインスタ投稿でお得になることが強調されています。この記事のために10分で作成しましたので、広告のクオリティはお許しください!

「誰かに伝える」ということは、逆にいえば「誰かに伝えない」ということです。
美しいフォトスポットの写真を伝えることも重要だと思いますが、素晴らしい景色のみに興味を抱かれるお客様は、高性能なカメラで美しい写真を撮ることには興味がないかもしれません。

Who(誰に)、What(何を)、How(どうやって)をちゃんと考えることが重要です。これはビジネスでも広告でも共通の概念です。決して、「誰でもいいから、たくさんの人に見てもらいたい」などとは考えないことです。

ルール②整列しましょう

整列とは、デザイン内の要素を各ポイントを基準にして揃えることです。 複数の要素をいずれかのポイントで揃えることで、お互いにグループとなり関連性が生まれます。

右端、左端、それぞれの要素に揃えがあることで、違和感がなくなります。
名刺の例

名刺をデザインする場合でも、基準がはっきりしないレイアウトは違和感が生まれます。ただし、アートの世界では、意図して不安感を醸し出すために、敢えて整列しないといった使い方もあります。
重要なことは、この成果物を何のために使うのかということです。

この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。