インサイト分析をビジネスの力に

プレゼンテーションのTips〜自社製品・サービスに価値付けするコツ

皆さんはプレゼンテーションの作り方を人から教えてもらったことはありますか?
学校でも会社でも、意外とプレゼンテーションの作り方をちゃんと教えてくれるところはありません。

僕自信も、プレゼンテーションを作成する際についつい見栄えにこだわりたくなってしまい、上司から「これでは内容が伝わらない」と叱られたこともありました。

自力で数をこなして覚えるのもいいのですが、せっかく世の中に経験者がいるのであれば、その方の経験をレクチャーしてもらうのもひとつの手です。

このコンテンツでは、社外へ向けプレゼンテーション資料を作成する際のノウハウを掲載していきます。

プロダクトに価値付けするのがプレゼンテーション

どんなに魅力的なプロダクトを生み出しても、その魅力を社外へ伝えることができなければ、多くのお客様にご利用いただくことはできません。

顧客からプロダクトを通して営業へ

また、お客様向けに パーソナライズ されたサービスを提供したいと考えたとしても、お客様の課題や考え方を引き出し、それにマッチングしたプレゼンテーションができなければ、売上に繋がりません。

さらに、せっかくお客様から素晴らしいフィードバックを受けたとしても、それを社内の該当する部門や担当者へ適切に伝えることができなければ、プロダクトアイデアに生かすことができません。

営業から各部門へそしてヘッドクォーターへ

以上のように、様々な場面でそれに適切なプレゼンテーションが行われることで、企業は自分たちのプロダクトに大きな価値を生み出すことが可能になるのです。

プレゼンテーションには大きく分けて2種類ある

プレゼンテーションはシチュエーションに合わせて作ることが重要です。

社内向けに決裁を取るためのプレゼンは、利害を共有する身内が対象ですから、決裁者は初めから聞く姿勢をもってくれており、企業理念や問題意識も共有しています。

一方、社外向けプレゼンの対象は身内ではありませんので、問題意識も願望も全く異なります。
彼らにプレゼンを聞く義務はなく、わざわざ時間を割いてくださっています。
自分とは関係がない、興味がない、ピンと来ないと思われたら、その時点でアウトです。

そのような状況下では、たとえ最後まで聞いてくださったとしても、何らかのアクションを期待するのは難しいでしょう。そこで、まずは社内向け(インターナル)と社外向け(エクスターナル)のプレゼンテーションの違いを念頭に置き、考えることが重要です。

インターナルプレゼンエクスターナルプレゼン
セグメンテーション課題・ビジョンを共有する身内課題・ビジョンを共有しない相手
ゴール決裁契約・価値付け・次回アクション
骨組みシンプル+ロジカルシンプル+ロジカル+エンゲージメント
全体構成課題→原因→解決策→効果
意思のプロセス理解→了解→納得→決断共感→信頼→納得→決断
所要時間3〜5分3〜10分
資料枚数5〜9枚(1枚に付き平均30〜40秒)30〜50枚(1枚につき平均5〜10秒)
文字少なめにできる限り少なく
写真・画像少なめに多くする
効果・動き少なめに適度に
サイズ4:316:9
この記事を書いた人

はじめまして、僕はアシマと申します。一部ではサイト管理者と激似との噂もありますが、ご存知の方はくれぐれも内密に。
ビジネスにお役立ていただける記事をどんどん書いていきますので、宜しくお願いします。

▼アシマの中の人の略歴

  • 学生時代には経営・財務の分野を学び、建設・不動産業界で経理部に在席。
  • 家電メーカーにて直営店舗の運営、マーチャンダイザーを経験。PCのBTOビジネス推進や、デジタル一眼カメラのセミナー講師、直営の免税店を経験。
    また、グループ企業のWebマスターとして、ポータルサイト、eコマースサイトの制作・運営、情報セキュリティマネジメント、ナレッジマネジメントを推進。
  • 神奈川県の家電量販店にて情報部門リーダー、都心店舗の店長を経験。
    その後、店舗開発部で新店舗出店時のレイアウト設計やスタッフの育成、出店準備、VMDの企画・制作などを歴任。
  • システムインテグレーターとして、手術室及び血管造影室の画像・映像配信システムの開発・設計、エンジニアリングを担当。さらに、遠隔手術支援システムの企画・開発を担当し、専門誌へ医師の偏在問題に関する論文を寄稿。
    また、医療向けシステムやフェリーの設備を安全にリモートメンテナンスするソリューションを開発・運用。
    その後、会社のリブランディングプロジェクトへの参画、デジタルマーケティング組織の立ち上げ、メディカル組織のマネジメントを経験。
  • 現在はクラウドサービスの開発会社でマーケティングディレクターとして、導入企業様のコンサルタントを担当しております。